操作をする

応力と変異

材料試験のひとつ、疲労試験とは「材料」に対して「応力」と「変異」を加えることであると言える。それらを繰り返し行うことで、その材料が完璧であるかどうかを判断することが出来るのである。

詳細を確認する

試験の内容

何度も圧力を掛けられているうちに、材料は次第にもろくなっていく。どのくらいやればそうなるのかをテストするのが、材料試験であり疲労試験である。ここでは、その「試験内容」について見ていく。

詳細を確認する

試験の受託サービス

すべてのメーカーが、材料試験や疲労試験を必要としている。しかし、そんなに簡単に出来る試験でもない。そういうわけで、材料を預かってメーカーに代わって試験を行うという受託業者が存在している。

詳細を確認する

材料のサイズ

「材料」とひと口に言ってもそのサイズはさまざま。材料試験や疲労試験の場合には、試験機もそれに対応する必要がある。テストに必要な物なら何でも備えていると言っていい受託業者に依頼するのは、そういう意味でも理にかなっている。

詳細を確認する

材料をテストする

「完璧な製品を生み出すために必要な物は何か?」
こう問われたときに答えとして出すべきなのはどんな言葉だろうか。おそらく、「完璧な材料である」というのが最も正しい答えとなるだろう。
完璧な材料が集まったから必ず完璧な製品が生まれるとは限らないが、少なくとも個々の材料が完璧でなければ、完成品も完璧にはならない。

材料試験や疲労試験と呼ばれる材料テストは、まさにそのために行われているものである。材料試験や疲労試験のテスト場を、パスして出てきた材料こそが完璧な製品を作るためのベルトコンベアーに載せられる。
材料試験とは、その名の通り材料をテストするもの。疲労試験は、材料試験の「項目」のひとつである。
疲労試験を始めとしたテストに合格することが、その材料が完成品の一部になるための第一歩なのである。